秘湯めぐり 隠れ湯 下巻 「若女将は堕とし頃」

ストーリー
あの夜から数日が経っていた。美紀男はいまだに聞けなかった、帰郷の夜に起きたことを…。抵抗らしい抵抗をせずに健三の愛撫に身を任せ、あげくにはペニスを膣奥に受け入れ、子宮内の射精を許してしまうちとせの姿が鮮明に脳裏に焼き付いている。なぜ?どうして?目の前で無邪気にふるまうちとせの姿は、美紀男がよくしっているちーちゃんだっただけに疑問は膨らんでくるばかりだ。

動画を見る

動画が見れない時はこちら