乳色吐息 上巻 幼なじみに男を刻め

ストーリー
さやかは告白して玉砕したたかしの様子を見に来ただけだったのに、なぜかたかしに胸を揉みしだかれていた。それは、たかしの落ち込みぶりが予想以上だったため、つい少しだけなら胸を触らせてあげると言ってしまったからだ。無類のおっぱい好きなたかしは、嬉々としてさやかの胸に手を伸ばすのであった。そして、少しだけという約束を忘れ、たかしは服の上からだけでなく、大胆にもさやかの服を脱がし、胸を直に揉んでくる。制止しようとしたさやかではあったが、たかしの執拗なおっぱい責めの前には、成す術もなかった。

動画を見る

動画が見れない時はこちら