パパァ…もうやめてぇ…。〜愛娘へのしつけは肉棒で

ストーリー
私・鹿島岳男は、娘の部屋の前で呆然となっていた。細く開けた扉の隙間から見える光景が、私の精神を激しく打ちのめしたのだ。「んっ……んんぅぅ……んうぅ……んはあぁぁ……」娘の 真里子 は淫らな行為にふけっていた。 自慰をしているのだ。扉の隙間から聞こえる声には、甘いものが含まれている。

動画を見る

動画が見れない時はこちら