堕天の記憶 序章 ~淑乃編~

主人公の敬介は、一人っ子の浪人生。父親が愛人を作って離婚したため、あまり裕福とはいえない母子家庭で育った。高校卒業、大学受験失敗。しばらくして母親が病死。母親の葬式を取り仕切った烏谷と名乗る土鳴財閥の執事により、とある孤島にある屋敷に案内される。土鳴財閥は、世界でも有数の財閥で会った事もない祖父が当主だという。その島で敬介は、遺言により祖父から次期当主候補に指名される。敬介は初め、当主になることを拒否するが、祖父への恩義を感じ当主になることを決意する。

動画を見る

動画が見れない時はこちら