マリッジブルー

平凡なサラリーマンである主人公浅尾雅晴は恋人である工藤さやかと付き合ってから早6年が経とうとしており『結婚』の2文字が頭の中で日増しに大きくなりつつあった。さやかへの愛情は今もなお強く『結婚するならさやかしかいない!』と思っている雅晴だが、その一方で「本当に自分にさやかを幸せに出来るのか」「子供も養っていけるだけの生活力があるのか」といった不安もあり、中々踏み切れずにいた。そんなある日のこと。さやかの家で食事をし、まったりとした時間を過ごした後「明日、朝一会議で朝早いから」と帰り支度をしていると、さやかが「結婚して一緒に暮らしたら、帰らなくてもいいのにね……」とぽつりと呟く。

動画を見る

動画が見れない時はこちら