君想ふ恋 ♯2 ピッタリしたい恋じゃない

ストーリー
競泳水着を愛してやまない鳴海は競泳水着を着た女の子を眺めるために水泳部に入り、部長を務めている。だが、鳴海の競泳水着女子を見る異様な視線は女子部員からのクレームとなり、風紀委員である黒江の耳に入ることになる。そして風紀委員の見回りが強化されたことにより、競泳水着を眺めて過ごす穏やかな日々が奪われてしまったのである。追い詰められた鳴海は自分が競泳水着を着てそれを眺めるしかないと考えるのであった。

動画を見る

動画が見れない時はこちら