いつまでも僕だけのママのままでいて! ~ああ、良いよママ!もっともっとしゃぶらせて!!デリバリーママがストライクゾーン過ぎて僕の股間はもう限界!!!~

始まりは、一枚のチラシだった――「デリバリーママ 『母親』出張サービス」家事・掃除・育児、忙しいあなたに代わって、母親代行いたします。それは家事出張代行サービスの宣伝チラシだった。この地域で新しく始めた地元密着の仕事。普段なら気にも留めないであろうそれを手にした主人公は、チラシに書かれた電話番号にかけていた。

動画を見る

動画が見れない時はこちら