メイド姉 一日目

ストーリー
山の仕事から帰ってきた勇太。そこには、久し振りに帰省した親戚の秋江姉さんがいた。『お帰りなさいませ、ご主人様!』メイド服を着てふっくらと成熟した秋江に圧倒される勇太。幼い頃、二人だけのヒミツの遊びがよみがえる。翌日、仕事帰りにお隣の家を覗くと、秋ネェの声が聞こえくる。「あ、ん、あ、ご主人さま…」メイド服が乱れ、乳房を揺らしながら、股間で動く指…「秋ネェ…」。もうすぐ夏祭りが始まる…。