鬼父2

「わたしのゆめは、おとうさんのおよめさんになることです!」学校の宿題である作文は当然の事、娘たちは事あるごとに「お父さんだ〜いすき!」「お父さんは私といっしょ!」と、私を慕ってくれた。娘とはそういうものだと思っていたし、私も娘たちの期待に沿うよう、精一杯「大好きなお父さん」であるようにした。四女出産と同時に妻が死んだ時はまだ娘たちは小さく、泣くばかりだったが、私がこの前交通事故で病院に運び込まれた時などは、娘たちは病院に飛んできて色々と世話を焼いてくれたものだ。

動画を見る

動画が見れない時はこちら