DARK BLUE

「今、助けるからな!」周囲に張り詰めた静寂を打ち消すように、俺は乱暴にドアノブを回す。……開かない。両手でノブを握り、渾身の力を入れて回す。……開かない。気が狂ったように何度も回し続ける。……開かない。(鍵が必要なのか…!?)だが、今更探しに行っている時間はない。開かない。開かない。開かない。開かない。「イヤァアアアアアアアッ!!」扉の向こうから鼓膜を切り裂くような彼女の慟哭が届く。

動画を見る

動画が見れない時はこちら