【新作】オレは姫武将を孕ませたい!

「誰か居るのか。私の声が聞こえるか」旅行中に立ち寄った博物館。そこに飾られていた屏風から声が聞こえ、主人公は思わず手を触れた。すると、見慣れぬ場所に転移してしまう。そこには、刀を差した凜々しい少女が立っていた。「貴方は…?」「私が誰か分からないか。どうしてそんな者がここに居る」少女は自らを織田信長と名乗る。何の冗談だと思いながらも、主人公は自分がタイムスリップしてしまったことに気がつく。戦国武将達と共に動乱の時代を駆け抜けることになったのだ…。

動画を見る

動画が見れない時はこちら