肉牝R30 ~肉欲に堕ちた牝たち~

裕福な家庭に生まれ何不自由なく育ってきた主人公・手代木直樹。大学時代、権力争いによって母を失った彼は、次第に引きこもるようになる。あれから10数年経ち、30歳を迎えようとしたある日、一人のメイドがやってきた。そのメイドが言うには30歳までに童貞を貫けば次期当主になれると言うのだ。権力者になれば母を呼び戻し、幸せだったあの頃に戻れるのではないか、と意気込む直樹の前に、彼を当主候補から降ろそうと次々と刺客がやってくる。

動画を見る

動画が見れない時はこちら