トリノライン

≡あなたが─私が、妹が死んだ。真夏の暑い日、溺死だった。それは、忘れることの出来ない記憶となって、心に引っ掛かり続けていたけれど。彼女が生きられなかったぶんも、自分が生きると決めた。全てを懐かしい思い出として抱き、過去を受け入れ、前に進もうと。その思いは、確かなものだった。苦しい幼少期から時が過ぎ、毎日変わらず学校に通う日々。また暑い夏がやってきて、少し【彼女】を思い出した頃。遠くから聞こえてきたのは、妹が好きだった曲の、ピアノの音。辿るように歩みを進めた先に、妹がいた。

動画を見る

動画が見れない時はこちら